人妻熟女

熟女人妻

私が認識する熟女の基準は、ある程度年齢を重ねた女性を対象としていると認識しています。

 

なので、まず初めに感じるのは相手が自分を熟女に値するほどの年齢だと思っているのだろうと考えられます。

 

そして、内心は憤りや戸惑いを感じるでしょう。「この方は私をいくつだと思っているのだろう」と。

 

しかし、人は嫌でも歳を重ねるものです。ただ歳を重ねただけのうっとおしがられるような年配の女性もいる中で、熟女という一つのカテゴリに絞って自分を当てはめてくれた、この点に着手してみようと思います。熟女と指摘した相手は、どのような思惑からあえて熟女と選んでくれたのか。

 

年齢に重きを置くだけで悲観的になるのではなく、前向きな点からこの言葉をとらえてみようと思います。

 

熟女は、視点や考え方を変えれば褒め言葉として受け取れるかもしれません。では、熟女とはいかなるものかを考えてみます。誰でも経験してきた「若いあの頃」。若いというだけでちやほやされたり、愛想を振りまくだけで華やぐような「若い」女性。

 

しかし、年齢を重ねることにより、一歩下がって相手をたてたり、先を読んで行動したりすることができます。これは自分の役割を認識できる、経験を重ねた熟女さながらの業かと思います。この点はに気付いた相手は「さすが!」と感じるでしょう。

 

また、いろんな経験を重ねてきたからこそ、ちょっとしたことでは動じない、肝の据わった女性になることもあります。これには、一緒にいて安心できますし、落ち着けると感じる方もいるでしょう。また、長く社会や世の中に携わってきたからこそ、品格やマナーを身に着けていきます。

 

これを自然にできることは、優雅であり、女性の品格を上げることでしょう。これらはアピールしたり見せつけるものではありません。

 

日常に、ちょっとした瞬間に感じるものが多いのです。つまり、雰囲気やオーラに出る場合があると思います。

 

それを感じた相手は、ただ歳を重ねただけの女性だとは思わず、年齢ともに知識や経験を兼ね備えた女性であると認識するのでしょう。このように熟女を認識すると、いかに褒め言葉であるかがわかります。

 

若さが失われていった恐怖を乗り越えきた今、その経験が他者からみたら品格のある女性とみられていたとは。憤りや戸惑いを感じてはもったいないです。

 

むしろ、この点を自分のアピールポイントとして、周囲の若い方々を魅了するような女性を目指そうとモチベーションが上がることでしょう。